Just another WordPress site

岐阜県笠松町・岐南町のほねつぎ・接骨院はやまもと接骨院にお任せください

〒501-6034 岐阜県羽島郡笠松町中野24番地

Q&Aよくあるご質問

トップ > Q&A > よくあるご質問 > 接骨院と整形外科の違いはなんですか?

接骨院と整形外科の違いはなんですか?

接骨院と整形外科ではまず資格が違います。

同じ国家資格ではありますが、まず根本として整形外科は医師免許。

接骨院は柔道整復師免許となります。

 

では実際どう違うのか?

接骨院では、レントゲン撮影や薬の処方、注射などはできません。

 

柔道整復師は日本の伝統医療である、柔道整復術という、手による治療を主に行います。

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの急性のケガを手術せずに治療するスペシャリストです。

レントゲン撮影やお薬は出せませんが、そのかわりにしっかりと患部を観察、評価し、徒手整復して、適切に固定してあげることで、鎮痛剤を飲まなくても、痛みは改善し、良い結果が得られます。

 

当院では、より詳細に病態を把握するためにエコー観察も併せて行っており、患者さんにも実際どこをケガをしたのか?なにが痛みの原因になっているのか?を目で見ていただきながら、なるべくわかりやすく説明し、治療を進めていきます。

 

ただし、すべての症状が治療の適応ではありません。

評価した結果、整形外科や内科など病院にかかっていただいた方が良いと判断した場合は、連携医療機関へ紹介させていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

LINE@