Just another WordPress site

岐阜県笠松町・岐南町のほねつぎ・接骨院はやまもと接骨院にお任せください

〒501-6034 岐阜県羽島郡笠松町中野24番地

BLOG/NEWS院長ブログ

トップ > 治療実績 > こどもの足のねんざは剥離骨折に注意が必要です

こどもの足のねんざは剥離骨折に注意が必要です

【症例報告】8歳  男子  右足外果剥離骨折の疑い

 

学校で鬼ごっこをしていて右足をひねり負傷。

右足首の外くるぶしに痛みと若干の腫れがあり、足を引きずって来院されました。

 

写真のようにそれほど腫れていなくても、このような症例は固定する必要があり、放置すると足首がゆるくなってしまい、症状(ねんざグセ、繰り返す腫れや痛み)が残る可能性が高いです。

 

この年代(幼児〜小学生)のねんざは、剥離骨折(はくりこっせつ)を伴うことが多いと報告されており、注意が必要です。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

LINE@