Just another WordPress site

岐阜県笠松町・岐南町のほねつぎ・接骨院はやまもと接骨院にお任せください

〒501-6034 岐阜県羽島郡笠松町中野24番地

BLOG/NEWS院長ブログ

トップ > 治療実績 > 【症例報告】第5中足骨骨折(下駄骨折)

【症例報告】第5中足骨骨折(下駄骨折)

28歳 男性 第5中足骨基部骨折(下駄骨折)

 

一昨日、段差を踏み外し左足を内反様に捻挫し受傷。

以後、歩行時痛出現。安静時痛もあり。

↓初検時の外観です。

左足部全体が腫れ、皮下出血も認めます。

第5中足骨基部に圧痛著明(上の写真:矢印のところ)。

骨折を疑いエコー観察しました。

エコーでも第5中足骨基部に骨折疑いあり(赤矢印)、

ギプスシーネ固定施行にて歩行時痛はほぼ無くなり、安静時痛も改善。連携医療機関にて精査していただきました。

結果、左第5中足骨基部骨折の診断をいただきました。

 

その後も症状に合わせて保存療法し、2週間強で痛み全く無くなり、以後通院されず。

当初は5週間くらいは治療期間を要するとお話していましたが、早く良くなり、喜んでみえました。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

LINE@