Just another WordPress site

岐阜県笠松町・岐南町のほねつぎ・接骨院はやまもと接骨院にお任せください

〒501-6034 岐阜県羽島郡笠松町中野24番地

BLOG/NEWS院長ブログ

トップ > 治療実績 > 【症例報告】第5中足骨骨折(下駄骨折) 

【症例報告】第5中足骨骨折(下駄骨折) 

78歳 女性

 

自転車で転びそうになり、左足で踏ん張った時に捻挫し受傷。

左足が腫れ、皮下出血認めます。

左足第5中足骨基部(黄色の矢印)に圧痛著明。

 

骨折を疑いエコー観察をしました。

↓右の健側と比べ、左の患側は口を開いたように骨折部が離れています。(赤矢印のところ)

 

 

徒手整復し、ギプスシーネ固定施行。

歩行時痛もほぼ改善し、歩けるようになりました。

 

↓その後、連携医療機関にて精査していただきました。

 

今回のように、骨折部が離れているような折れ方では、徒手整復にて、骨折部の断端を近づけ、寄せてから、しっかりと固定することで、即時的に骨折による強い痛みも軽減し、骨癒合(骨がくっつき治ること)を早めます。

 

当院ではこのようなケガの保存療法(手術せずに治す治療)に最も力を入れております。

骨折に限らず、おケガの際は、大したことないかな…と思っても、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

LINE@